異文化コミュニケーション

日タイ交流大使(自称)

タイ人の”マイペンライ”精神から大切なことを学ぶ

f:id:llcpastel:20180130075956j:plain

タイ語のマイペンライ(ไม่เป็นไร)という言葉は「大丈夫」や「問題ない」という意味を含む。

タイの南国らしいおおらかな国民性を象徴しているワードだと言っても過言ではない。

そんなマイペンライの負の面、正の面から大切なことを学ばさたというお話です。

 

マイペンライの基本的用法

マイペンライって言葉は非常にトリッキーで、状況によってニュアンスが変化します。

例えば、

  • 相手からの謝罪へ返答するマイペンライは「気にしないで」という意味
  • お店等で何かを勧められた時に言うマイペンライは「結構です」という意味
  • 体調を気遣う言葉などに対してのマイペンライは「問題ない」という意味

日本でもこのようなニュアンスの言葉は日常的に多用しますよね。

でも、マイペンライにはもうひとつ特殊な用法があります。

  

苦手だったマイペンライ精神

タイ人のマイペンライの使い方を注意深く観察すると感覚的に「あれ?使い方間違ってない?」と思うところが出て来ます。

例えば、予約したツアーの席が取れていなくて、旅行会社にクレームを入れると、相手は「次の便があるからマイペンライ!(`・ω・´)」と返答をして来ます。

こちらの心境とすれば「いやいや大丈夫かどうかはこっちの問題だから!」とも言いたくなる。

自分のミスを棚に上げてのマイペンライ、棚上げマイペンライ

日タイ交流大使を自称するぐらい人を含めてタイを愛しているのですが、この精神だけはどうしても苦手だった。

自分が謝罪と対策を求める日本人クレーマーであるのがいけないのであろう・・・

 

どうにもならないことは心配してもしょうがない

 

負の面をぶちまけてしまいましたが、自分が良いなと思う使い方もあります。

日本語でいうと「きっと上手くいく!」みたいなニュアンスです。

何か心配事があったりすると、よくマイペンライと声をかけてもらえます。

もちろん上手くいく保証はない、むしろ上手くいかないことの方が多いとわかっているので、ただの気休め的な言葉なのですが、この言葉に助けられています。

気張りすぎも良くないなと。

どうにもならないことは心配してもしょうがない。