異文化コミュニケーション

日タイ交流大使(自称)

スペインのカタルーニャ独立は誰にとって得なのか

f:id:llcpastel:20180126211020j:plain


カタルーニャの独立問題が大きなニュースになっている。

カタルーニャ独立投票、賛成派が9割で「勝利」
と、ニュースサイトの見出しに出ているのだが、

内容をよく見てみると・・・

 

カルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)州首相は1日、「数百万人」が投票したと述べ、同州が「独立国家となる権利を得た」と宣言した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000003-jij_afp-int

とも書いてあり、

スペインのマリアノ・ラホイ(Mariano Rajoy)首相は「きょう、カタルーニャで住民投票なるものは行われなかった」と述べ、住民投票は阻止されたとの認識を示した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000003-jij_afp-int

とも書いてある。

 

認識が割れているのは、州政府が独立を無理やりにでも成立させたいと思いが先走っているのか、

国が独立させたくないという一心で投票を無効にしようとしているのか、

両社の思惑があり、発表しちゃってる結果なのでしょう。

 

どちらにせよ公平な結果は出るのか!?と思いますが、

独立派その地域の成り立ちや、そこに住む人のアイデンティティにかかわってくるのでセンシティブな問題。

特にヨーロッパは急にぎゅっとEUという集合体にさせられちゃったもんだから今はその揺り戻しの時期かもしれない。

 

わかりやすいのがサッカーでスペインリーグのレアルマドリードとバルセロナで対立している構図。

もともと裕福な人たちが多いマドリードはスペインの政治を牛耳ってきたのに対して、

バルセロナがあるカタルーニャ地域はもともと別の王国。

違った文化や言語をもともと持ってた地域なので、そこに根付く人たちにとっては面白くないのは当然。

でもバルセロナは観光都市だし、スペイン政府としても独立されたら困るよな。

 

2000年代終わりごろからずっと南ヨーロッパの景気は悪いイメージがあって、2012年に訪れたことがあるのだけど普通に観光客をターゲットにした詐欺師まがいの人たちはたくさんいた。

経済的に考えると、カタルーニャ地域の人たちなのはプラスなのだろうか。

この方の記事によるとスペインのGDPを20%占めているが、地方への交付金が少ないことが不満なのだそうだ。

 

真のテーマは経済 スペイン・カタルーニャ地方独立問題(上) | NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]

であれば、単純にスペイン政府は交付金を上げればいいように思えるが、独立の流れは止まらないのだろうか?

 

EUで独立といえばイギリスが記憶に新しいが、独立がイギリスの主要産業である金融に大きなダメージを与える結果になっている(もし独立すれば)。

カタルーニャは独立すれば、EUの枠組みに入れるのだろうか?

観光都市だけにカタルーニャへのアクセスがビザや通貨などの問題で不便になればそれは本末転倒なぐらい大ダメージな気もします。

サッカーファンとしては、今後もクラシコを見たいので、独立しない方向で検討いただきたいものです。

ヨーロッパの独立騒ぎも時代の産物ですな。