異文化コミュニケーション

日タイ交流大使(自称)

脱サラしたい人に向けて少しだけ勇気が出る話をしてみる

f:id:llcpastel:20180126201001j:plain

自由な人生を生きるためにフリーランスとして生きる自分の身の回りのこと、その他興味のあることを情報発信したいとおもいブログを始めました。

 

フリーランスに興味がある人、サラリーマン生活をやめたい人、人生を楽しくしたい人に向けて少しでも刺さればいいなと毎日何かしら書いています。

偉そうに語る自分もも数年前はいやいや会社に行くサラリーマンで、このままでいいのか?と疑問を抱えながら日々を過ごしていました。

 

だからこそ、サラリーマン以外の人生を多くの人に伝えたいと思っています。

今だから言えるのかもしれませんが、サラリーマンとしての身分を失っても生きて行く選択肢は意外に多く存在することに気づきました。

そして、そのハードルはそんなに高くないこともまた事実です。

2016年にフリーランスを初めてしばらく経ちますが、その実態をお伝えします。

 

お金はそんなにいらない

会社を辞める前は、「月に15万ぐらいあれば生活できるでしょ」と軽い感じで考えていましたが、実際は10万もかかっていない状態です。

住む場所はある程度自由になるので、首都圏や大都市圏に固執する必要もなくなりますし、なんなら日本を出て物価の安い海外に行くこともできます。

自分は、タイに住んでいますが、生活をするだけなら月6万円程度の出費で住んでいます。

 

 

www.loveandpeace.site


あまり派手に遊ぶ正確ではなかったので、それも要因だとは思います。

でも、サラリーマン時代も忙しくてお金を使う暇なんてなかったので、生活費が安くなったほどの違いしか感じません。

今の所、金銭面での不自由は旅行に行く時のホテルのグレードが下がったぐらいでしょうか。

 

金融資産があればひとまず安心

投資には非常に助けられています。

脱サラする際に現金を持っているのであればひとまずは安心です。

自分の計算だと年利10%は稼いでくれるので、全てポートフォリオにぶちこんでいます。

 

www.loveandpeace.site

 

 

www.loveandpeace.site

 
流動性も高いので、いざとなったら切り売りして生活費にもできます。

数千万単位で必要だとは思いませんが、ある程度持っててよかったなとは思います。

 

人は老いるまで成長する

会社を辞めたからと言って何にもしなくなる訳ではありません。

引きこもり型のニートにならなければ最悪何かしらのスキルは成長して生きます。

自分であれば、大く時間を割いている趣味やもちろんライティング、投資など。

継続的に行なっているので、成長を感じています。

サラリーマンだけがビジネススキルを磨く道ではありません。

お金儲けがうまいか、稼ぐ能力を身に付けることができるかはむしろ独立してみてから身につくものだと思います。

 

www.loveandpeace.site

 

会社員には結構簡単に戻れる
最悪、会社員に戻ろうと思えばそんなにハードルは高くないと思います。

自身もフリーランスの生活に不安を感じて、もう一度一般企業に入社することができました。

それも誰でも知ってるような大企業に戻ることができました。

その時は中小企業にも別に内定をもらえました。

就職活動をやってみて思ったことは、選り好みさえしなければ意外と簡単に会社員にはなれるのかなと言うことです。

 

やりたいことを精一杯やれば不安は消える

最初の方は不安を感じていました。

貯金が底を尽きたら、クライエントに契約を切られたら、経済が不況に陥ったら・・・

考えれば考えるだけ不安の種はありました。

今は、そう言ったことはあまり気にならなくなりました。

生活が安定してきたからかもしれませんが、日々の活動を精一杯行なっている賜物でしょう。

確実に自分のスキルが上がっている実感もあるので、このまま続ければ大丈夫と言う自身にもなっています。

今考えると、だらだら仕事をしていた会社員時代の方が不安を感じていたかもしれません。

 

家族は結構理解がある

自分が結婚してのはフリーランスになったあとですが、交際していた当時から特に反対はされませんでした。

好きなことをやる。

単純ですが、人生にとって大切なことなので、それを理解することは難しくはありません。

今は、色々サポートしてもらっているほどです。

 

と、まぁ現状をまとめてみましたが、人生の選択は人それぞれです。

人生の方向性を迷っている人に何かの参考になれば幸いです。

個人的には嫌なことをして過ごす毎日に価値はないと思っていますが。

勇気を持って一歩踏み出してみたら案外上手く行くはずです。