異文化コミュニケーション

日タイ交流大使(自称)

【11月3週目の挑戦記録】ほぼ毎日更新中デイトレチャレンジ

f:id:llcpastel:20180126041213j:plain

デイトレチャンレンジとは


自由に生きるためにとって自由に働けること、収入を得る手段は非常に重要です。

特にフリーランスであれば複数の収入源を確保して、リスク管理しなければいけません。

デイトレチャレンジは、その重要な収入源を投資、すなわち株やFXのデイトレードによって確保しようという挑戦です。

 

 

挑戦のためのルール


言わずもがな、デイトレードは1日以内に売買を繰り返す効率の良い投資ですが、

自制心を失えば諸刃の剣にもなりかねるリスクの伴う投資方法です。

ギャンブルではなく、確率論に従った投資ですので、それを実現するためのルールを設定します。

必要であれば随時改定しますが、今週のルールは以下の通りです。

  • 値動きのいいアメリカ株に銘柄を絞って投資する
  • 損切り、利確ラインを明確にしてエントリー
  • 損益比率は1:1以上に設定
  • EST9:30から11:00までのエントリーに制限
  • ドローダウンが資金の1%に達したらその日のトレードは終了
  • 寄りから30分までのブレイクを積極的に狙う、それ以降は積極的なエントリーは控える

2017年11月3週目の結果


11月13日のトレード
取引回数:12回(3勝9負)

ROI:-0.4%

コメント:10時以降に連敗連敗でボコボコにやられた。やっぱり10時以降はブレイクアウトは向かないのか。収穫はそれぞれのトレードをミニマムの損出で切り抜けられたこと。これぐらいだったら修正が効く。正直、ブレイクアウトのエントリーをなんどもすり抜けられて焦った。なんども経験してバカみたいだが、時間帯が悪ければブレイクアウトは機能しないのである。時間外のエントリーは損出を広げるだけで好転はしない。

11月14日のトレード
取引回数:15回(3勝12負)

ROI:-0.3%

コメント:これだけ負けが多くてこれだけの損失で済んでいるのはエグジットがうまくなったから。それで利益になっていないのだから何かを変えなければいけない。美味しいところは値動きが速くエントリー執行されず、第2波はことごとく戻ってくる。また暗闇に戻された。

11月15日のトレード
取引回数:8回(2勝6負)

ROI:-0.1%

コメント:負け越しが普通に続く。制度が悪すぎる証拠。感覚的にも無駄なトレードが多すぎる。いつブレイクするかはわからないとはいえむやみにエントリーするのはよくない。勝つことより負けない努力をするべき。それが損益の改善につながるはず。感覚的には平均3回以上の無駄トレードを削減できそう。本当に美味しいところ、負けなさそうなところのみエントリーすべき。理想は寄りから30分で3勝3負程度に抑えられたら、毎日利益を残すことができるだろう。

11月16日のトレード
取引回数:8回(2勝6負)

ROI:-0.3%

コメント:まさかの4連敗。精度を上げるのは不可能なのか。またトレードの方向性がわからなくなる。スタイルをコロコロ変えるのもよくないが、今は光がほしい。

11月17日のトレード
取引回数:6回(2勝4負)

ROI:-0.1%

コメント:まさかの5連敗。盛り上がってる銘柄でトレードラインブレイクを狙わないほうがいい気がしてきた。価格が低い株は特にブレイクでの戻りがひどい。でも、値動きはいい。