異文化コミュニケーション

日タイ交流大使(自称)

君の名は。Your Nameをタイ人と見る

f:id:llcpastel:20161121144253j:image

「君の名は。」の英語タイトル「Your Name」って結構直球やな。映画館に貼ってあるポスターにタイ語でごにょごにょって書いてあるのが斬新。

タイの映画館

タイ人が「Your Nameミタイ」と言っていたので、一緒に見に行くことになった。話題になっていたのは事前に知っていたのだが、完全にノーマークだった。なんか泣けるのかなーとか勝手に期待。

アパートの隣駅には大きなショッピングモールがあってそこに映画館がある。アクセスも良くよくお世話になってます。

しかし、旅行先の映画館に行くなんてレアな体験。観光しないでのんびりしていると、若者の日常に溶け込めてこんなことも起こる。

外国の映画は日本と違ってめちゃくちゃ安い印象がある。ロサンゼルス郊外の小さな町で見た映画は5ドルぐらいだった記憶。あと、コーラがバケツサイズで変えて、ポップコーンは掃除のチリトリサイズ。

「そもそもバンコクの映画館はいくらすんねん?」

結論、200バーツで600円程度だった。

日本で1500円ぐらい払わないと見れない映画が半額以下で見れるっていいね。さすがに1500円だったら見てないかもしれない。

ホールの中もゆったりとした椅子で施設も新しく至って普通だった。

f:id:llcpastel:20161121144324j:image

タイ人の感性

ストーリー的には「会いたいけど会えない!」みたいな感じが続いて最終的にはハッピーエンドみたいな流れだった。

日本文化の色が強い表現が多くってタイ人にわかるのかなって疑問だったが、「いいストーリーだった!」と満足そうだった。

字幕で多少色つけしてあるのかな?

僕のタイ人のイメージでは色恋沙汰大好きなイメージがある。僕のゆう人もほぼ24時間と言っていいほど色恋の話やゴシップに勤しんでいる。テレビドラマも三角関係やドロッとした恋愛感情を描いた物が多くって胸焼けしそうなぐらい恋愛好き。 

こんな日本の純愛モノも意外と好きなんだな。

タイで感じる日本

こんな映画のちっちゃな出来事だったがやっぱ日本って影響力あるなってことを再認識した。こんなに翻訳するのが難しい映画が、異国の映画館で放映されているのだから。素晴らしいことではないか。

日本は言語世界で閉ざされて切り取られたつまらない灰色な世界だと思っていたけれども、鎖国しているわけではないんだな。きちんとポップカルチャーという形で外に情報発信をして、それが結果として外国の若者たちに受け入れられている。

もっと文化的にまじりあえば絶対面白いものや現象が起こるのになと、未来の自分たちに期待してみる。