異文化コミュニケーション

日タイ交流大使(自称)

トランプは悪ではない!今という時代の産物です

f:id:llcpastel:20161109222546j:plain

今日、夕方ごろに共同通信の速報でドナルド・トランプ氏の勝利がほぼ確定したと報道された。

「妥当だな」ってのがこのニュースを聞いた印象。

トランプの発言集

アメリカ大統領は国内のみならず世界の情勢にも影響を及ぼすほどの重要なポジション。そんな、重役に今まで見たことも無いほどの暴君がアメリカ国民によってえらばれてしまった、というのが一般大衆の感想だろう。

今までの発言をまとめてみる。

 

 

日本の車に国内市場を奪われていると貿易支出について言及

When Mexico sends its people, they're not sending the best. They're not sending you, they're sending people that have lots of problems and they're bringing those problems. They're bringing drugs, they're bringing crime. They're rapists and some, I assume, are good people.

Kohn: Trump's outrageous Mexico remarks - CNN.com

有名な移民問題に関してのメキシコとの国境にに万里の長城はつげん。

Donald J. Trump is calling for a total and complete shutdown of Muslims entering the United States until our country's representatives can figure out what is going on.

Donald Trump: Ban all Muslim travel to U.S. - CNNPolitics.com

 

 イスラム教徒の入国を禁止すべきと息をまく。

 

Rich people are rich because they solve difficult problems. You must learn to thrive on problems.

Think BIG and Kick Ass in Business and Life

お金持ちはそれだけ社会の発展に貢献している!とアメリカの富裕層らしい考え。

 

と、ちょっと調べて見ただけでもこれだけ出てくる。このように発言を追っていくとトランプ氏がどのような考えを持っていて、どのようなアメリカを実現したいのかが何となくわかる気がする。

トランプは本当にやばいやつなのか?

日本では、どことなくヒラリー氏になってほしいなーという雰囲気が流れている。そりゃ、これだけトランプ氏の過激な発言にスポットが当たればそうなるのは当然だ。

じゃあヒラリー氏はやばくないのか?と問われるとそんなことはないと思う。戦争経済は続くだろうし、イスラム国との戦いも終わらない、格差の広がりは助長され続けるであろう。それは前任の民主党オバマ氏がどうにかできなかったように、今回もし同じく民主党のヒラリー氏が当選していても変わらない。誰が大統領であろうとアメリカとそれを取り巻く世界情勢のヤバさは変わらないのだ!

冒頭で「妥当だな」という感想を持ったのはトランプ氏が今のアメリカ民衆の表に出ない不満を口にしてるなと思ったからです。

グローバル経済で優位に立てる国に住みたい!自分の国でテロなんて起きてほしくない!意味に税金を食いつぶされるのは納得いかない!

これらはすべてグローバル化に溺れる国民の反発。EU発足時から加速的に蓄積されてきたグローバル化の弊害に対する民意だと思うのです。トランプ氏は差別的ではあるとはいえ、包み隠さずそんな国民感情を代弁してきた。今回、票を集めて勝利できたのはこのグローバル化時代の難しさの証明だと思います。

時代を変えるのは大衆

先ほども述べたように自分は誰がリーダーになろうがあまり影響ないと思っています。

確かにアメリカ大統領はChief of Commanderと言って軍の最高司令官としての権限を持っていますが、戦争をする決定は大統領が行うのではない。経済や政治が複雑に絡み合って、起こる結果が戦争だと思います。

戦争だけではなく、国のあり方を決める憲法や生活に関わってくる法律などはすべて民意で変えることが出来ます。民主主義政治とはそんなものです。

今は、グローバル化への反発が世界で起きています。それを摩擦と捉えるか、発展と捉えるかはひとりひとりの感情や考えです。国民の総数ではわかりませんが、アメリカ大統領選の選挙人を取り合うというルールの下では、トランプ氏に賛同する反グローバル色が強い、国内を守るような動きを求める票が多数だったということです。

これ見て何を思うか

自分的にはこの結果には残念だった。理由はまた自分が理想とする世界が遠ざかった気がするからです。自分は精神的ヒッピーなので自由に国境間を行き来できた方が楽しいと思うし、いろんな文化が混ざった場所の方が面白いと思います。

今回、アメリカがトランプ氏を支持したということは少なくともアメリカは経済的にも文化的にもグローバル化がスローダウンしてしまうのでしょう。人間が許しあって、富を分け与える、本当の意味での聖書のような精神をもって生活できるのはきっともっと人間が賢くなって、欲に支配されないほど成熟しないと難しいんだろうな。

と、思いつつこの結果を眺めていました。